こいはなブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

借りぐらしのアリエッティ

ツイッターで書ききれないなと途方にくれてたら、こんないい場所があるじゃないか。

そういえば見る機会を逸してたなと思って、今になって見ました。

何の山場も無い、みたいな評価をあちこちで見てたのでどういう内容なんだろうと思いましたが
そんな事はなくてちゃんとお話があったし、けっこう好きな感じでした。
とは言っても、タイトルがストーリーの7割みたいなもんですが。
あんまり内容を書くのもアレなんですけど、まあ終始退廃的な感じで終わるんですよね。
登場人物、おそらくどのジブリ作品よりも少ないですし。

これ、作画監督とかメインと思われる人は猫の恩返しの人ですが、企画脚本は宮崎駿が絡んでるんですよね。
昔の宮崎駿なら原作無視して大量な小人の集落を出して、絵を派手にしつつ町全体を何かしらの事件に巻き込んで
大いに盛り上がって、大団円の後はスタッフロールで、今は町ぐるみで小人と面白おかしく共存して暮らしてますよ!
みたいなスナップショット見せながら終ると思うんですよねえ。

原作の「小人の冒険シリーズ」はどうなんだろうと思ったら、この映画のラストが導入みたいな感じで
この後巻を重ねて大冒険の末新しい土地を見つけて楽しく暮らしました、みたいな終わり方っぽいんです。
しかも登場する小人3倍くらい多いし。

あとね、昔の駿大先生ならアリエッティに短パンなんぞはかせないでカボチャパンツはかせてると思う。
そして下着姿でウロウロするシーンが絶対入ってたと思う。
このガッカリっぷりったらもうね。
結局そこか。

何でしょうね、最後文句になっちゃいましたが「悪くない、むしろいい」作品だと思いました。
ポニョ怖かったしなあ。

と、ここまで書いて、昔の駿先生なら云々と書いたストーリーがそのまんま「レミーのおいしいレストラン」じゃないかと
気が付いて愕然としました。
  1. 2011年10月21日 02:51 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/01/13(日) 19:32:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://romyuff.blog62.fc2.com/tb.php/262-d9f64f01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。