こいはなブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

ラーメン屋

2本立てにしようと思ったら、ラーメン屋だけで長文になっちゃったよ。

おいしいラーメン屋さんに行こうとネットで調べてたら「弥七」と言うラーメン屋を見つけました。
曰く、東京で人気店だったが大阪に移転して、東京でファンだった人が食べに来るだとか
おいしい店ランキング1位を取りまくってるだとか、芸能人が山ほど来るだとかいつも行列だとか。
肝心のラーメンはコッテリ系。塩ラーメンが斬新でとてもおいしいと評判の模様。

平日行けば大丈夫かな?と昼前くらいに行くと、もう行列になってました。10人くらいかな。
まあ、サクサク人が出てくるので20分ほど待ったら入れました。
店に入る頃には僕らの後ろは20人くらい行列になってました。

店内に入ると10席のみ(うち2つはテーブル4人席で基本2人がテーブルに付いてるので実質8席)。
そりゃ行列になるわな、と納得しつつ塩ラーメンを注文しました。あとヘタ丼。
ちなみに店員さんは全員とても感じがいいです。
店に飾ってあった芸人「かまいたち」の色紙に書いてあった「弥七ガスキダカラー」と言う文章に
軽く吹きました。

ほどなくしてラーメンが来ました。シソの花が乗ってます。オッシャレーです。
白髪ネギ、チャーシュー一枚、シソがパセリみたいに刻んで入れてあります。
洋風オシャレラーメン。
粒白コショウと粒黒コショウの2種類がハンドミルの容器に入ってます。
食べてみると複雑なうまみとコク、塩が絶妙に押さえられていてドロドロコッテリなのに
しつこくありません。
麺は特殊な手順を踏んで卵白を入れて3日熟成させた自家製麺だそうです。
プリプリした食感でした。
第三者的な視点で感想を言うならば、
とても丁寧に作り込まれたコダワリを感じるハイクオリティなラーメンです。
750円でしたが値段以上の物を感じます。

で、ここからが僕個人の超主観的な感想です。
味を重ねすぎなのか、作り込み過ぎなのか、ポタージュスープのできそこないみたいな味がします。
おそらくラーメンの文法で丹精込めて作ったのだと思いますが、ラーメンの枠から一歩越えて
しまってます。よくない方向に。これで塩が品の無い感じでほどよく効いていれば、乱暴な
言い方をすれば高級な天下一品、天下一品HQと言った感じの感想を持ったかもしれません。
僕と嫁両方思ったんですが、塩が本当に絶妙な感じで一さじ足りないと感じました。
麺も熟成プリプリが災いして、さらに全体をパスタっぽく仕上げてます。
おいしいかまずいかで言ったら文句なくおいしいですけどね。いい仕事してると思います。
店を出た後、嫁とお互い「何とも言えない訳わかんない味だったね」と言ったのでした。
あれか?僕らの味覚が幼稚なのか?w
あー、テーブルに塩あったのかなぁ。あったとしても恐れ多くて入れられませんけど。

興味が湧いた人は行ってみても損はしないと思います。
大阪の地下鉄御堂筋線 中津駅徒歩10分くらいの所にあります。

あ、ヘタ丼の事忘れてましたね。普通においしかったです。
いろんなラーメン屋によくあるチャーシュー切れ端丼です。
  1. 2009年08月01日 12:03 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://romyuff.blog62.fc2.com/tb.php/199-5bcc24e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。