こいはなブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

ペルー6日目~最終日

実は5日目に泊まったのが最後のホテルで、あとは移動のみなのです。
全8日のツアーなのにね。
今回は長いよ!
充電
デジカメ用電池の充電はこれでやりました。
ペルーはコンセントの形が2種混合で日本の規格と合います。ただし220V。
ホテルによってはちゃんと110Vのコンセントが別にあったりしました。
この友人に勧められたエレコムのUSBハブはちゃんと電圧対応してるのでとても便利です。
これにusb対応充電コードさえ差せばDSでもなんでも充電できます。

そんな訳でツアー最終日です。まずは恋人広場へ。
像
濃厚な像が広場の中心に。これ10m以上あってけっこうでかいです。
恋人
広場を囲うようにキレイな壁がありました。マジ恋人が迷惑そうにしてた。

昼ご飯
昼ご飯。「おじいちゃんの養鶏場」という名前の炭焼きチキンのお店です。
アンティクッチョ
アンティクッチョと言う牛の心臓のでかい炭焼き。ちょっとレバー風味でおいしい。
あとクスケーニャ黒。紫色の奴はチチャモラーダという紫トウモロコシのジュース。
芋っぽい味が若干しますがけっこういけた。
鳥
メインの鶏肉半分丸ごと炭焼き。さっきの前菜だったのかよ。不覚にも食べきれず。
このあとデザートとか言ってドーナツ2個出てきました。だから無理だって。
ガチャ  ガチャ2
店の外にガチャガチャが。1ソル(40円弱くらい)。よく見たら日本産の奴があります。
試しにやったらポップンのマラカスが。あと縦長のガチャで夜光の恐竜が。

旧日本大使館
移動中に、あの旧日本大使館を通過。弾痕とかあります。
新日本大使館も見ましたが、異常なまでに厳重な作りでした。

エルビス
たまたま信号待ちでエルビスと出くわしました。サービスで踊ってくれた。
このエルビスもそうなんですが、ペルーの人は日本人と分かるとやたらと手を振ってくれます。
フジモリさんのおかげなんだろうな、としみじみ思いました。

邸宅  謎の生き物
リマ市設立の立役者、ヘロニモ・デ・アリアガの豪邸。嫌味なほどマンガみたいな豪邸。
なんか遺跡と食い物以外はあんま興味ない感じ。
右のは宗教画の右下にいた謎の生物。犬?

装甲車
大統領官邸のおそらく四隅に配備されている装甲車。機銃ついてるんですけど。

この後天野博物館へ。古代インカ人のデザインセンスが素晴らしくオシャレすぎる。
さらにその後黄金博物館へ。金の装飾品を見過ぎて真鍮にしか見えなくなる。
どちらの博物館も財を成した人が個人的に建てたみたいなんですが、黄金博物館の方は
とにかくコレクションが成金趣味。ナポレオンのサーベルとか、インカと関係ない武器が入り口
近くのフロアにやたらと展示されてます。日本の鎧とかも。
インカを征服したフランシスコ・ピサロの装飾品なんかもありました。
天野博物館の方が好きだな。

日も暮れてきて、最後のお土産屋さんへ。
良く言えば日本人が好みそうな小物が揃っていていいお店です。
悪く言えば完全に日本人ターゲットのお店で、値段が3割増くらいで軽くぼったくり。
とり
スペイン語と日本語の挨拶をするオウム。

最後の晩ご飯はみなさんお待ちかねの日本食ですよ-、と添乗員さんに言われるが
別に日本食なんざ食いたくねえよ、もっとペルー料理くれ!とか思ってました。
というか、最後にまたセビーチェ食わしてほしかった。
あとパリウエラという魚介満載のスープが食べたかったのに、結局願いが叶わず。
キンタロー 変なカウンター 変な定食
金太郎。前菜にわんこソバみたいのが出ましたが、超甘くてこの後の料理が不安になる。
煮物、野菜炒め、焼き魚、エビフライ。野菜炒めは中華じゃ?
あとなんか煮詰まった味噌汁と日本の米じゃなさげなベタベタのご飯。
日本のビールがありましたが、7ドルですって。クスケーニャを3ドルで飲みました。
今回の旅全体で1,2を争うおいしくなさ。デルタ航空のパスタの方がすごかったけど。
何というか、旅行会社はこの日本食サービスはやめた方がいいのではないでしょうか。

この後夜中の12時に飛行機に乗って、27時間かけて日本に帰って来ました。
途中デトロイトでバーガーキングを食べましたが、すんごいしょっぱかった。
心配してた席は、うまいこと通路側に配置され、若干空いていたので助かりました。
行程の7割を寝て過ごし、ディズニーの「魔法にかけられて」を機内で観ました。
ベタな内容だった。
完全に力尽きて機内食の写真くらいしか残ってませんが、どうぞ。
朝 夜 朝
朝飯に炒飯を出すノースウェストはすごいな。卵じゃなくてこっち選んじゃったし。

帰国した後で、友人から「実は出発の前日にナスカでセスナが落ちたニュースがあった」
と言われ調べると、フランスの方5人が墜落して亡くなってました。
そういえば添乗員さんが、
「アエロコンドルは大丈夫です、別でちょっと問題起こしてる会社はあるんですが…」
とかセスナに乗る前に言ってたのを思い出しました。
さてはこのニュース知ってたな。
ただですね、あんだけギュンギュンやってりゃあそりゃ運悪かったら落ちると思いますよ。
飛行機乗る度に、「まあ、ここで死んでもいいか」とか思ってましたしね。

まあこんな感じでたっぷり楽しんで参りました。
出発前は高いと思ってたツアー料金も値段相応か、それ以上だなあと感じました。
またお金貯めて行ってもいいなあと思いました。チチカカ湖行ってないし。
ただ、ペルーまで5時間くらいで行けるようになるまではもう飛行機乗りたくないです。

長々とお付き合い頂きありがとうございました。
  1. 2008年04月27日 14:27 |
  2. ペルー旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://romyuff.blog62.fc2.com/tb.php/105-264258ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。