こいはなブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

伊勢旅行-後編-

2日目~。

ホテルの朝飯に昨日の晩に出てた舟盛りの鯛の頭を煮付けにしたのが付いてました。
無駄がなくてよいですな。
それとは別に、思いつく限りのありとあらゆる朝用オカズが。
おひつ全部食いきれるほどのご飯の友的オカズの山。
おいしいけど、そんなものさすがに食いきれず敗北。
寝ぼけて写真撮ってないです。
DSCN1100.jpg
そして昨日と違って超晴れ。

チェックアウト後に今回の旅のメインである所の鳥羽水族館へ。
行く途中にこんなのが。
KC380045.jpg
抱いてるのは真珠。鳥羽はラッコと真珠の町らしい。
真珠屋がいっぱいありました。
そんなにあっても商売成り立ってるんだろうか、ってくらい。

さて鳥羽水族館です。かなりでっかい。
DSCN1175.jpg
日本でここだけにしかいないらしいジュゴン。
でも別の場所にマナティもいたんで自信なし。この子ジュゴンじゃないかも。
DSCN1140.jpg
スナメリ。腕ふると反応して回ってくれたりする。
DSCN1206.jpg
カワウソ。
DSCN1162.jpg
パンダイルカ。
DSCN1154.jpg
記念コイン作る機械。
DSCN1153.jpg
ものすごい80年代。かっこいい。
他にもセイウチショー、イルカショー、アシカショーといろいろありまして、さすがのクオリティでした。
全部見たよ。
水族館を出る時に何やらTVやら水族館の偉そうな人やらがワラワラといて、何かあったのかなと思ったんですが
後で知ったんですが、来場者の累計が何千万人目だかの記念イベントをやっていたようです。

他に何かないかな、とまわりゃんせのパンフレット見たら、すぐそばから観光船が出てるらしい。
30分おきに定期船が来て、ぐるっと1時間くらい回る。
これもタダで乗れる。
じゃあ乗ろう、と待っていると
DSCN1220.jpg
何か凄いのが来た。浦島太郎号的なのが。成金趣味というかなんというか…。
DSCN1222.jpg
船の中がこんなのでいっぱい。
乙姫様とかもありました。
やっぱ船楽しい。

中間地点にイルカ島ってのがあって、そこはイルカメインの水族館だと言うので降りて行ってみる。
DSCN1237.jpg
こうやって撮ると営業してるように見えない…。
施設すべてが昭和後期で止まってる感じ。タイムスリップしたのかと思うほど。
ちょっとしたサブカル風味でうざい感じの自主制作映画が簡単に撮れそう。
アシカショー会場が山の上にあるのでリフトで上がる事に。ものすごい怖かった。
DSCN1225.jpg
写真だとそうでもないように見えますが、実際はけっこうな高さなんです。
そして階段使っても大した距離じゃなかった。挙句これは別料金だった。
行ったら観客がさっき一緒に船から降りた人しかいない。自分達入れて6人くらい。
その中で頑張るアシカとお兄さん。
またギャー怖いギャー言いながらリフトで降りて来て、イルカショーが始まると放送があったので行ってみる。
DSCN1234.jpg
「寒い時期にイルカが風邪をひいてしまい、2匹いるうちの1匹はお休みです。
 もう一匹の子も体調悪いので、申し訳無いのですが演目を減らさせて頂きます」
いやもう、休んで! お願いだから!
体調悪いイルカを目頭を熱くしながら見て、島を後にしました。
ここって、あと何年持つんだろう…。無くなる前に是非みなさんにも行って欲しいです。

そんな感じで、やっとお腹が減ってきたので事前に調べてたエビフライが有名な食堂へ。
鳥羽のエビフライは有名で、アジフライみたいに開いたのが出てくるそうです。
軽く迷子になりつつ到着。

一日限定20食とか言う大エビフライ定食はありますかと聞くと売り切れたと。
なるほど人気なんですな。
普通のエビフライ定食を注文。2100円だったかな。
KC380048.jpg
普通のでも充分デカイ。写真だと伝わりにくいですが。
自家製タルタルソースに付けていただくんですけど、何かソースが脂っぽい。
作りおきなのかも。
エビはプリプリ。でも衣がモッサリして多い感じ。
うーん、と思いつつ食べ進める。
途中で嫁がギブして自分の持分がエビ4枚に。
…うん、今度伊勢に来たときは松坂駅に降りて回転焼肉屋さん(そういう有名な店がある)に行こう。
と思いながら完食。

その後おみやげ屋さんが集合してるビルが駅前にあるのでそこに行ってみると何と17時で営業終了してる。
他の店も軒並み17時で営業終了。やる気無いなぁ。
駅の中のおみやげコーナーしか開いてなかったです。

そんな感じで帰って来ました。
まわりゃんせとあのホテルは最高だったので、また行ってもいいなぁって思いました。
楽しかったです。

その後、家で紛失したまわりゃんせチケットが出てきまして。
軽くたらい回しされた後、指定席分を抜いた金額、約7割が還元出来たのが地味に嬉しかったです。
来年はどこ行こうかなぁ。
それとも普段行かないような豪華な飯にでも行こうかなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2010年04月29日 13:34 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

伊勢旅行 -前編-

3/5はうちの結婚記念日でして、毎年軽く旅行しようと言うしきたりになってる訳です。

で、毎年なんとなく和歌山(主に白浜)に頻繁に行ってたんですが、違うとこにも行こうと三重県方面へ。
実は三重の伊勢志摩には「まわりゃんせ」と言う、三重近辺に住んでる人には超お得な切符があります。
三重までの特急の往復指定券、乗車券とは別に4日間は三重内の提携している交通機関は全部
乗り放題、さらに提携している施設も全部無料。提携飲食店も割引と言う太っ腹ぷり。
パルケエスパーニャ、鳥羽水族館、安土桃山文化村、etc。フリーパスです。
これで9500円。
普通の切符でも近鉄難波から往復で6000円くらいかかるんです。何なのこの安さ。

そんな訳で綿密に計画を立てて行ってきました。

出発の時点で半月前に事前に買ってたまわりゃんせの切符を紛失。
再発行不可だと言うので(まあ指定券の予約まで含まれてるし無理か)
新たに買い直してスタートです。もうすでに全然お得じゃない。
まあ腐ってても仕方がないので無かった事にして現地へ向かいます。
KC380038.jpg
駅弁。おいしい。

まずは伊勢神宮へ。
DSCN1097.jpg
雨です。ザーザーです。
しかもよく知らなかったんですが、伊勢神宮って建物に入って御本尊、みたいな物はなくて建物を外から眺める
だけなんですね。予約すると建物の中に入ってお祓いとかしてもらえるみたいですが、金額が万単位。
全く知らなかったんでちょっとビックリしました。いくつかある建物の前に行ってお賽銭放り込むだけ。
首を傾げながら入り口付近にある休憩所の大画面アクオスでDVDが上映されてたのでボーっと見てると
この場所と言うのは何百年も神聖な儀式を毎日毎日やっているのだと。
捧げ物の陶器も神社内で焼いてるし、神主や巫女が着てる服も機織りして作ってますと。
そして天照大御神やら何やらすごい神様を祀っておるのだと。なるほどそういう事か。
それなら納得ですが、アトラクション性はほぼゼロです。
DVD見てなかったらそれすら解らず、何でみんなここに来るの!? って思っちゃう感じ。
というか解っても、もう来ないかもって感じ。パワースポット? 知るか!
知らなかった僕がアホなのかもしれませんが。
DSCN1098.jpg
毛の長いニワトリが放し飼いになってました。かわいい。

まあ思ってたのと違って見るところがあんまりなかったので速攻おみやげ街へ。
ここへ来たら赤福に行くしか無い。なんせ本店があります。
KC380039.jpg
マスコット。かわいい。
KC380040.jpg
普通の赤福もなんなので赤福ぜんざいを注文。
赤福をお湯でといたような味がします。500円。

ここでホテルのチェックインの時間が近いのでCANバスと言うバスで送迎が来る鳥羽駅まで向かいます。
途中安土桃山文化村を通過。以前来たことがあるので今回はスルー。
ここには中がどんなにショボかろうが、すべての元が取れる超かわいいにゃんまげがいます。
普通のにゃんまげじゃありません。仕草がかわいい小柄なにゃんまげがいます。
多分中に女の子が入ってる。
日光の奴は子供3~4人ならビクともしないらしいです。
そいつは激熱いですが、かわいくはありません。

そんな訳でホテルへ。
DSCN1099.jpg
バカみたいに大雨です。海大荒れ。
部屋は広い。しかも時間予約制の貸切露天風呂があります。
あとロビーに無料足湯がありました。それと無料で足の角質を食う変な魚の足湯(水?)も。くすぐったい。
KC380043.jpg
そしてご飯が豪華。
これだけじゃなくて、この後伊勢エビ半身のグラタンとおひつに入ったご飯とお吸い物とデザートが来ました。
一番奥の器は松坂牛の焼肉です。3切れしか無かったけどガチでうまかった。
ホテルの人曰く「古い田舎のホテルなのでご飯だけは食べきれないくらい用意しないと、という方針でやってます」
とのこと。ギリ完食しつつ、露天風呂を満喫しつつ初日は終りました。買った地酒はイマイチでした。
ちなみにこのホテルこのサービスで一人12,000円くらい。安い。

続く。
  1. 2010年04月28日 12:01 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テンプレート変えてみました。

前のやつは何か横に書ける文字数が少なくて困ってたので。

どんどんシンプルになっていく。
  1. 2010年04月27日 17:17 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイエット近況

さらに一ヶ月経ったので報告まで。

一瞬最低値を更新しましたが、相変わらず最低値~+1Kgくらいの所をウロウロしてます。
食生活も好きな物を6割ほど食べており、もはやダイエットしてないような状態です。
超安定。
でもあんまり歩いてない。これはよくないと思う。

ただ、ながた君も言ってましたが、階段説はあると思う。
ある程度体重が落ちにくくなって来ると横ばいからストンと落ちる、の繰り返しって奴です。
2Kgくらい減らせば今度はそこで安定するのかも。
増やすわけには行かないし、体脂肪が理想まで2%程多いので様子見ながらジワジワ減らしていきたい所です。
  1. 2010年04月27日 15:28 |
  2. ダイエット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

携帯の話アゲイン

頭も冷えたので、KDDIが何をやろうとしてるのか改めて考えてみました。

今回のAndroidスマートフォンブックIS01。
気を取り直して見るとOSのバージョンは1.6と前世代ですがマルチタッチ対応だったり
補助用にトラックボールが付いていたり、MixiやらTwitterのアプリがプリインストール
されてたりといろいろと気を使っている様子。

そして、他のAndroid端末にはない赤外線通信やワンセグ、大して携帯を活用してない僕でさえ
たまに使うEZナビウォークのAndroid版が入ってます。
「~@ezweb.ne.jp」のメールアドレスも8月からとはいえ使えるようです。
まあこれは他社も対応してるみたいですが。

この辺の独自仕様はガラパゴス化と言われてる日本独自の携帯の進化に合わせた結果です。
見た目はともかく、ここまで日本向けにカスタマイズされている事は大きいと思います。

そしてKDDIの偉い人は
「Android上に携帯の諸機能を一度作ってしまえば、後続の端末に流用していける」
とまで言ってます。今後はオサイフケータイも取り込むようです。

とりあえずまだ全部入れきってない状態ではウリが弱いから、今できている機能は様子見で
マニア向けの端末に入れて、万全の状態になったら万人向けスマートフォンを大々的に出す。
そういう事なのかなと。
秋に出すと言う第2弾でiPhoneとガチで勝負する、というのはウソでは無いのかもしれません。
のんびり期待するしかないですな~。

でも、やっぱやってる事が少なくとも1年は遅いかなと思う。
あと、20~30代の女性のニッチ向けって発表しちゃってるのも頭どうかしてるのかなと思う。
さらに「ワンセグ、felicaなど日本らしい機能を搭載していこうとしているわけでない。」
というインタビュー記事を見つけちゃったけど見なかった事にする。
  1. 2010年04月04日 04:03 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイエット経過

約一ヶ月ぶりですがー。
えー、結果から言うと+-ゼロです。
相変わらず肥満と標準の境界線辺りにいます。標準の側から越えないように。

何か気持ち的に妙に食いたい感じになったんで、割と好き放題飲み食いしてました。
でも体重はキッチリ毎日計って。
あ、変わった事と言えば、カロリーカット系ダイエット薬の摂取を一切やめました。
摂ってるのビタミンくらい。
あれですな、ありゃあやっぱ効果薄いなw

体重計って1Kgくらい増えてくると、どうしても元に戻るまで多めに歩いたりカロリー抑えたり
自発的に制限するんですよねー。なので結果増えないと。
体重計らないとヤバイ気がします。
まあ常に気にはしとけって事ですかねぇ。
そんななのであんまり書くことがないです。

4月はちょっと減らしたいなぁ。
  1. 2010年04月02日 03:23 |
  2. ダイエット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。