こいはなブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

ダイエット近況

月イチくらいで報告して行く感じで。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010年02月27日 15:52 |
  2. ダイエット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好きな物の話

普段と毛色の違う話でも。

何十年も生きてきて、最近やっと気が付いた事がありまして。

年末年始に恒例となっている飲み会の為に、友人の実家がある瀬戸内海の大三島へ渡るんですけど
普段なら出発が広島で高速なり国道なりを通って瀬戸大橋を渡っていたのをフェリーで行ってみよう
と言う話になりまして。おそらくこれの方が船の時間さえ合えば早いし安いと。

確かに早いし安かったです。高速と瀬戸大橋渡るよりも。
で、フェリーに乗って甲板出たりしてハイテンションでウロウロしてる時にハタと気付いた。
「あれ?俺って船に乗るのすごい好きなんじゃね?」

今までなんとも思ってなかったんですが、思い返してみれば長距離夜行フェリーで一人はしゃぎ
回ってみたり、いろいろ思い当たる節がある。そうか、俺は船が好きだったのかと。
船好きな人は何て言うの? 船ちゃん?

他にも高速のPAとかSAが大好きです。
ナイフとフォークのマークが看板にあったら全部入れと運転手に騒ぐくらい。
これは割とよく聞く話なんでメジャー所なんですかね。
黄金伝説でSAの名物を順番に食べて行く奴とか延々見てしまう。
基本ダラダラと目的地に向かう物が好きなのかもしれません。
電車もけっこう好きです。型番とか路線とか知りませんけど。
ブルートレインは全廃される前に一回くらい乗りたい。
夜行バスは乗った事ないのでなんとも言えないけど、狭そうなので無理かもしれない。
飛行機もキライじゃないけど、10時間とかもう乗りたくないです。
狭いし、暇を潰す手段が無くなったりするし。

でもやっぱ船だな。
空間が広いのがいいのかなぁと。
長距離フェリーならベッドも売店もあるし。
僕が乗ったオレンジフェリーは、けっこうでかい風呂もありましたからねえ。
ああ、また乗りたいけど四国に渡る用事がもう無いんですよねぇ。
実家が大三島の友人はサハリンに転勤になったとか言うし。
サハリンて。
サハリン行きの船が出てるみたいなんで乗りたいけど、まず北海道行かなきゃいけないし
けっこう高いんでつらい所です。

船のラジコンでも買って風呂に浮かべて遊ぼう。
  1. 2010年02月24日 01:47 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Avatar

「構想14年。制作4年。制作費は2億ドル以上。圧倒的な世界観で描かれた、
 今まで誰も見たことが無い映像のSF超大作。3D版もあるよ。」

こんな触れ込みで映画のCMされたら絶対売れる訳がないじゃないですか。
SFですよSF。
しかし、映画史上での興行収入No1ですってよ。

観た人の話を覗くと「映像が凄い、話は普通」 の一点張り。
3D版がすごいらしいけど、これにも2種類あって、IMAX3D版が一番すごいらしいと。
IMAXてのは普通の映画のフィルムが35mmの所を70mmのフィルムで撮影されてる技術です。
本来は、バカでかいスクリーンに映すのが売りなんだと思います。
ただ、アバターで使ってるのはIMAX DMRと言って、35mmをデジタルのIMAX方式に変換した
もののようです。スクリーンは普通の大きさです。
まあこれでも普通の映画よりは解像度高いんですけど。

で、このIMAX DMR 3Dを上映出来る映画館があるんです。
ただ、日本にたった4箇所。
ふざけんな、と思いますが、なんとこれが運の良い事にうちの近所にありまして。
交通費で言うと片道400円くらい。
せっかく近所にあるんだし、見とかないといけない気がするなぁ…。
よし、と予約しようとしたら公開からけっこう経ってるのに土日は常に完売。
平日行けるのが自宅勤務の強みだぜー、と月曜に予約して行ってきました。
あ、字幕見てると絵がジックリ見れないので吹替版で。

平日の夕方でしたがそれでもほぼ満員でした。
始めにアリスインワンダーランドの予告が。
これが何かいわゆるそれっぽい3D映像で、ああ、確かにハイビジョンでパーツ分けが細かくて
すごいなあ。でも見たことない映像ってほどでもないなぁ…。等と思ってた訳です。
あ、内容に関しては超観たいです。不思議の国のアリス大好きなので。
ただアリスの年齢高いよね。エプロンドレスのデザインもなんかアレだし。

そしてアバター本編。
え、何これ。
さっきのと立体感が全然違うじゃん! 超立体!
大げさ気味に手前にピンボケの草で、何層も奥に物体が繋がってる映像の方がすごい奥行を
感じるんですが、これじゃなくて、たまーに気を抜いたのか、それともこっちこそ手が込んでる
のか判断に苦しむ所ではあるものの、全体のフォーカスの甘さがリアルすぎて、そこに存在してる
ような映像が何カットかありました。これは確かにすごい。こんなの見たことない。
音声も全方向から鳴ってる感じで。
この臨場感は、BDで3D対応で発売されても普通の大画面液晶TVではおそらく味わえないです。
もはや2500円(IMAX3Dは特別料金で高い)でもヘタすりゃ安いかもという体験を致しました。

まあ映画としてならご多分に漏れず僕も普通でした決して悪くはないです。
好きですしね、こういう話。
映像アトラクションとしては100点満点で150点です。

アリス3Dはどうしようかなぁ…、でもやっぱせっかくだし行こうかなぁ…。
  1. 2010年02月16日 02:45 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デモンズソウル

Twitterばっかりでブログを全然書いてなかったですな。
いろいろと楽すぎるぞtwitter。

Takeminからデモンズソウルを借りたんで、ちまちまプレイしておりまして。
元はと言えばコーポさんのデモンズ漫画が面白くてやってみたいなぁと思ってた訳で、
ナイスタイミング。

で、デモンズソウルは「当たり前のように死ぬゲーム」として有名な訳ですが、これがまあ噂に
違わず死ぬ死ぬ。
どんだけ慎重にやってても崖から落ちるわ、トリッキーな敵に一撃死させられるわ。
死ねば死ぬほどプレイが雑になるので、しょうもない所でもバンバン死にます。

死ぬとその場所に血溜まりができて、自分はホームポイントに戻されます。
そこから血溜まりに触ればソウル(経験値とお金が共用になってるポイント)は
回収できるんですけど、回収前にもう一回死ぬと全部パーになります。
まあ全部とは言っても取得したアイテムは残るのでそこまで鬼では無いです。
あと1ダンジョンがそれほど長くなく、ショートカットなんかも出来るので長くとも10分ほど
進めばどこで死んでもだいたい回収出来るようになってます。
死ぬ意外はいろいろとストレスを無くす工夫はしてあって、そこはいいなと思います。

ただ、とにかく死ぬんで心が折れます。微量とはいえソウルロストした時は特に。
現在は中盤辺りで死にに死にまくって心が折れ中。
挙句、なぜかバレンタイン前後の一週間はイベント期間で敵がパワーアップしてる代わりに
経験値1.5倍とかになってまして、これがもう敵が強すぎてどうにもならないと言う。
チキンプレイで経験値稼ぎもままなりません。
事情を知らずにやってて、ネットみて愕然としました。
危うく完全にプレイやめる所でした。

果たしてクリアできるんだろうか…。
  1. 2010年02月15日 05:17 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。